研削砥石・研磨砥石

ビドリファイド砥石


1号平形砥石 6号ストレートカップ砥石 11号テーパーカップ砥石 軸付砥石
1号平形砥石 6号ストレートカップ砥石 11号テーパーカップ砥石 軸付砥石
セグメント砥石(角) 油砥石(角) 金型用砥石(角)ト ホーニング砥石
セグメント砥石(角) 油砥石(角) 金型用砥石(角) ホーニング砥石

アルミナ質、炭化珪素質を原料とした一般的に『砥石』と呼ばれる商品です。砥粒を保持する力が強く、炭素鋼、合金鋼をはじめ幅広い加工材質に使用されております。また、コストパフォーマンスにも優れている事も大きな特徴です。
使用用途や加工物質、希望の形状・寸法等をご指示頂ければ、適した商品タイプをご提案させて頂きます。詳細はお気軽にお問い合わせ下さいませ。

主なビドリファイド砥石の形状

PDF形式のファイルをご覧頂く場合には「AdobeReader」が必要です。
お持ちでない方は こちら よりダウンロード頂けます。

ビドリファイド砥石の仕様表示

ビドリファイド砥石の仕様表示

↑↑画像をクリックするとpdfデータとして拡大表示されます↑↑

PDF形式のファイルをご覧頂く場合には「AdobeReader」が必要です。
お持ちでない方は こちら よりダウンロード頂けます。

▲ページの先頭に戻る

ダイヤモンド砥石・CBN砥石(ボラゾン砥石)


ビドリファイドダイヤモンド砥石 レジンボンドダイヤモンド砥石 メタルボンドダイヤモンド砥石
ビドリファイドボンド レジンボンド メタルボンド
電着ダイヤモンド砥石 電着ダイヤモンド軸付砥石
電着 電着軸付

ダイヤモンド砥粒は炭素の共有結合体で、地球上で最も硬く優れた熱伝導率を有する物質です。この為、『ダイヤモンド砥石』はアブレシブ系ビドリファイド砥石では研磨しにくい高硬度材料の研削・研磨に広く使用されております。切れ味・寿命に大きな要素となる結合剤は、「メタルボンド」「レジンボンド」「ビドリファイドボンド」「電着」の4種類からご指定頂けます。(仕様・寸法等オーダーメイドにて承っております。)
CBN砥粒(ボラゾン)』はホウ素と窒素からなる人造物質でダイヤモンドに次ぐ硬さ・熱伝導率を有します。

ダイヤモンド砥石・CBN砥石の接合剤
結合材 切れ味 寿命
ビドリファイド(V)
レジンボンド(B)
メタルボンド(M)
電着

▲ページの先頭に戻る

PVA砥石


PVA砥石


PVA砥石』はポリビニール・アルコールのアセタール化物を結合剤とするスポンジ状の弾性砥石です。ビドリファイド砥石やゴム系砥石に比べると、研削熱の発生が少なく目詰まりしにくいのが大きな特徴です。また、高い研磨能力を持っている事からステンレス、アルミニウム、銅、真鍮、チタン、その他軟質難削材の中~仕上研磨工程で特に優れた効果を発揮します。
形状は平形、ストレートカップ形、角形、軸付等からお選び頂けます。

▲ページの先頭に戻る

弾性ゴム砥石「ダイワラビン」


弾性ゴム砥石“ダイワラビン(軸付)” 弾性ゴム砥石“ダイワラビン”(平形)


弾性ゴム砥石“ダイワラビン”』は、「切れる」「磨ける」を高いレベル両立させた幅広いシーンで活躍するゴム砥石です。硬いビドリファイド砥石やペーパーと異なり深いキズを残さず均一な研磨面が得られ、工程数の削減や面粗度の向上が図れます。研削力も優れており、高硬度材料(HRC60前後のSKD、HSSやステンレス)の研削やバリ除去に優れた切れ味を発揮します。カエリ・二次バリが出ないため、カエリ・二次バリ取りの作業が不要です。ハネ、ビビリを起こさず、曲面にもなじみ、安定した研磨作業が行えます。
作業環境と研磨工程の短縮に数多くの実績を持つ研磨砥石です。
形状は平形、角形、丸棒形、軸付等から、砥粒やゴム質は使用用途や加工材質に合わせて3種類からお選び頂けます。また、ダイヤモンドタイプもご指定頂けます。

▲ページの先頭に戻る

スーパーストーン


スーパーストーン


スーパーストーン』は砥材がセラミック繊維という特殊な研磨砥石です。非常に高い研磨能力を持っており、金属やセラミックの研削・研磨に適しております。
セラミック繊維が高密度且つ規則正しく配列されている事から、高強度・高弾性で折れにくく非常に長寿命です。
また、ダイヤモンドドレッサー等で任意に先端を形状加工する事ができますので、工夫次第で通常の砥石では磨きが困難な部位に対しても作業を行なう事が可能です。
形状はスティック形、三角スティック形、丸棒形、ディスク形、ホイール形からお選び頂けます。また、砥材の基本材質はアルミナ繊維ですが、ダイヤモンドタイプもご指定頂けます。

▲ページの先頭に戻る

このページの先頭へ