バレル研磨石(荒研磨用)

ARTシリーズ


バレル研磨石「ART-10」 バレル研磨石「ART-4」

<左>バレル研磨石「ART-10」「ART-6」 <右>バレル研磨石「ART-4」


荒研削用の鋭い砥粒と粘土質を混ぜ合わせたものを成型した研磨石で、主に金属の重研削用として開発された商品です。
「砥粒の自刃作用」により常に新しい砥粒が表面に露出されますので、磨耗により小さくなっても優れた研削力が持続します。比重が小さい為、技工物が打痕による変形が発生しにくいのも大きな特徴です。
また、『ART-6』『ART-10』はアングルカット形状を採用する事で、従来品よりも研削力が大きくレベルアップしました。
カーボランダムポイントによる形態修正後(または、『RAビッグポイント』『RAホイール』等の荒目ゴムホイール・ゴムポイントによる表面処理後)の金属床、クラスプ、バー等(コバルトクロム合金・ニッケルクロム合金)の荒中研磨(傷取り)に適しています。


バレル研磨石(荒研磨用):商品ラインナップ
品番 ART-4 ART-6 ART-10
形状・寸法 三角柱形・青灰色
寸法 4x4x4mm 6x6x6mm 10x10x8mm
包装単位 5kg・25kg
届出番号 27B3X00027000004

ARTシリーズ:選定のポイント

  • 大きい寸法の研磨石(ART-10)は研削力に優れているが研磨ムラが発生しやすい(複雑な形状は苦手)。

  • 小さい寸法の研磨石(ART-4)は研削力はやや劣るものの、複雑な形状の技工物に対しても全ての面に接触する機会が多いので研磨ムラが発生しにくい。

このページの先頭へ